欅は切るなと言い残そう

 (20220522)

今年は仏事が多い。

3月には親父の33回忌をしたし、昔の墓を移転しようと思う。

世間では墓じまいとか言うのも聞くけど僕の場合

遠くの墓をまとめて近くに持って行き

近くにある訳の分からん墓石も一か所に集めることにした。

近くにあったというお寺の住職や関係者の墓も

この際移転することになった。

お寺には直接は関係ないけど我が家が近いので

お盆にはお参りをしていた。

お寺関係者の墓石は型が違う。

お寺に移転したら違和感なく過ごせるだろう。

新しく建設するところも拝んでもらった。

直ぐ近くには最近の墓があるけど

ここを含めた墓地の上に欅の枝が覆いかぶさっている。

葉が落ちて掃除が大変だから今の内に切ってくれと嫁さんが言うけど間に合わん。

建設までに枝落としはできないから

墓石を倒さんように農繁期がすぎたらじっくり

取り掛かろう。

欅は何百年後に金になるかも知れんから木の幹は残す。

子孫に切るなと伝えておこう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ