もう一度開催されるまで米作りは頑張る

 (20220523)

今年は我が家の田んぼで牛供養田植ができるよう準備をしていたけど

何時まで待っても連絡がなかった。

痺れを切らして連絡したら今年は備北丘陵公園で

するということだった。

昨年は実施予定だったのに感染拡大で急きょ中止になった。

楽しみにしていたのに残念だった。

丘陵公園を含めて4年ごとの開催ということだけど

中心メンバーも70歳を越えている。

深刻なのは早乙女はどこからか引っ張ってくればよいが

代掻きをする牛を飼う農家がいなくなることらしい。

4年先では世の中どうなっているかわからん。

何年先になろうともう一度我が家の田んぼで開催されるまで

米作りを頑張ろう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ