竹の生命力はすごかった

 (20220614)

真冬に切っておけば竹は絶えるとあったので

田んぼの影になるところは二年前に切ったのだが

近づいてみると新しい竹がいつの間にかはびこっている。

道路から見えるのだけれども

毎日徐々に大きくなるから関心を持って見ないと

わからんもんだとつくづく思う。

タケノコが出ればイノシシが喰ってくれる予定だったけど

隣りの竹藪の勢力が勝ったようだ。

考えてみれば竹藪の端っこを片付けただけだから

トカゲの尻尾を切ったぐらいの事だったのかもしれん。

軟らかいうちなら足でけったり鉈でも倒せる所だろうが

既に枝が出て葉っぱが開きかけている。

早いうちにチェンソー持って行き片付けることにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ