チェンソーの活躍は当分先になりそう

                  (20220630) 

この暑さでどんな作業ができるか考えている。

イノシシの箱罠を移動する宿題が残っていた。

箱罠は先日書いたあの竹林の中にある。

枯らしたと思っていたところから大きなタケノコが

出てきて箱を突き刺している。

成長した竹を処理しないと動かすことはできない。

タケノコは枝が出て葉っぱがもう茂っている。

やわらかい竹でもチェンソーが切れないと話にならん。

まずは刃を研ぐことにした。

午後ボランティア講座に行ってきた。

避難所での大切な事などを学んだ。

介護に活かせるような話しもあった。

冷房の効いた部屋でありがたかった。

夕方集落の葬儀の話が飛び込んだ。

葬儀は土曜日になった。最近は家族葬だから隣家や集落の人は

手伝うことはあまりない。

負担は少なくなったけど弔い方法が簡単すぎて

この辺で言う「もげない」ことになってきた。

親戚の葬式も向きそう。Blogは当分休むことにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

限界集落