コシヒカリの電柵はまだ三分の一

 (20220805)

イノシシ被害が広がっている。

二か所目も何とか電柵を張ったけど次から次へと

被害が広がる。

草刈だけは先回りしているが杭の建込と柵線を張るのが残っている。

曇り空で日差しは緩かったが蒸し暑かった。

杭も古くなって折れるのが多発。

今シーズンすでに10本くらい折れた。

軟らかい地盤なら手で刺すくらいの事ですむけど

もう手にマメが出るほど叩いた。

最終的には鉄筋を刻んで補足しないと足らないことになるだろう。

鉄筋杭は重たいが固い地盤でもしっかり打込める。

市販品の長差は90cmだけど鉄筋は1mにできる。

地盤の固い所は全ぼ鉄筋にしようと思う。

石の少ない地盤が羨ましいことこの上ない。

稲穂の充実が今一なのだろう中に入らず田んぼの畔を掘り返している。

畔に餌になるようなものがあるとは思えんが不思議だ。

大きな石があればひっくり返している。

僕らはミミズでも掘っているのかと思っていたが

昔どこかの研修会で聞いた話だけど

遊んでいるだけという説もある。

僕らが磯で石をひっくり返して何か生き物がいないか探している

ようなもんだろうか。

電柵はコシヒカリの部分でいえば三分の一位が済んだ感じ。

残りを急がなばならん。

電柵張りも結構歩く。

AMは草刈でPMは杭立てと線張。

消費カロリーは缶ビール2本程度しかならん。

補給十分なので

もう1.5倍は歩きたいけど体が拒否する。

真夏の事だほどほどにしておこう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

限界集落