今季はこれで7頭目

 (20220906)

今度はちゃんとストッパーが作動するようにしてけり糸を仕掛けた。

まだ小さくてかわいいぐらいだけど

こちらも生活がかかっているので

殺処分は仕方ない。

先日TVでウリ坊の救出劇をやっていた。

救出して山に返して一安心したとかなんとか

言ってたけど被害を受ける人間からしたらとんでもない話だ。

作業小屋は戸を閉める閂ができない構造なので

台風時は鋼管で押さえ込むことにした。

大きな戸にしては木造のペラペラなので知恵を絞った結果こうなった。

風は大したことはなかったけど

雨がショボショボ降ってきた。

とにかく少雨で終わってくれ。

田んぼの水が引いたらいよいよ稲刈りを始める。

農電が開始になったので作業小屋を片付けて稲刈りの準備に入る。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

コンバインの刈り取り能力