初稲刈りは大トラブル発生

 (20220913)

コンバインがドックから帰り初出動となった。

部品が新品でも、いきなりぺったんこではトラブル大発生。

パイロットが初心者になっているのもあって

最初の一周に1時間かかった。

組み上げた機械というものは微調整が必要で

セールスが付き合ってくれて大助かりだった。

調子が出て中割の引き起こしているのを写したけど

倒れるはずで稲が長い。

測ると長さは1.5mを越えていた。

他所の田んぼも倒れているから肥料だけでなく

今年の気象が影響したのは間違いない。

オマケに根の張りが浅くて簡単に抜けてしまう。

徹底して追い刈りにしたけど何度もトラブルになり

熱中症になるのではないかと思うほど難儀をした。

結局稲刈りは6時間以上かかり

コンバインを納めたのは日没後だった。

初日のつきものでコンテナの異常があり籾が乾燥機に張り込めない。

らせんは手で回るのにモーター過不負荷ってなんだ。

聞いてみると結線かコントロールボックスの不良だという。

こんなこともあろうかと電源からモータ直結ができるようにしておいた。

モーターが反対に回るのもあったけど

何とか張り込んで籾の水分を計ると24.5%。

チョット早い感じだけど倒れたので仕方ない。

明日はここより倒れた面積が大きい。

不安があるがやり切るしかない。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

コンバインの刈り取り能力