本日の経過報告

 (20220914)

なんでもないような稲刈り跡だけど

コンバインのシェイクダウンする田んぼにはきつかった。

普通の田んぼでやればいいものを

船でいえばいきなり作り立てを荒海の航海に出た感じだ。

藁が長いので稲株の跡も地面が見えない。

今日もひどい倒れようだけど手前の方が少し軽症のようで

稲刈りには入りやすかった。


入場前は川の鮎を見てキクイモの花を見る余裕があった。

実際は倒れてアイロンをかけたようなひどい所があって

追い刈り状態で行っても難儀をした。

この状態で向かい刈りをすると1mもいかないうちに

ダウンする。

結局コンバインを納めたのは暗くなった7時30分だった。

コンテナから乾燥機に入れる籾コンが石か何かで止まってしまい

籾の張り込みにも手間取ったこともある。

一応乾燥機までの機械トラブルは出尽くした。

かなり大きな石も入ったと思うが

乾燥機から取り出すことはできない。

籾摺りでガタンゴトンの音がしたとき対応しなければならん。

小さい石は石抜き機が活躍してくれるだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

コンバインの刈り取り能力