明日は作業小屋の周りを片付ける

 (20220904)


電柵をしなければならんところは全部完成したけど

大きいイノシシの気配が消えた。

小さな乳離れをしそうなウリちゃんは昼までもよく見る。

手が届きそうな所までは追えるが

飛び道具がないとどうにもならない。

ここも山奥だけど

親は栗などの餌を求めて更に山奥に行ってるのだと思う。

落ち込んでいてもどうにもならんから日が沈んだら

一番長い畔の草刈をした。

改めて被害が大きいのがわかる。

畔側の一条は全部、二条目は半分くらい、三条目の三分の一は

収穫不能になっている。

ここは長く広い田んぼが所々道路や水路で区切りはあるが

1kmぐらい続く。

地形的に道路から見上げる格好になるこの田んぼは

攻撃目標になっている。

草刈を怠らなければ少しは防げたかもしれんが

間に合わんものは仕方ない。

右の道路側には水路もあって草刈は僕の担当だけど

稲刈りまでに済ませるのは無理かもしれん。

山奥の田んぼにある箱罠に餌を置いた。

その後電柵をした時にニッパーを忘れていたのが発覚。

日暮れ前に取りに行ったらすでにウリ坊がうろついていた。

バイクで追いかけるけど追い回しただけで

どうにもならん。

今回は親は入らないと思うが明日は蹴り糸を仕掛けよう。

台風が来る。

作業小屋の周りを片付けておこう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

コンバインの刈り取り能力