古民家ホテル

(20200111)


無呼吸の検査結果を持って行く前に
お寺の役員会があったので行ってきた。
お寺の下側にある古民家ホテル(20191208)
今日はお客さんがいないようである。
役員の中に世話をしてる人がいたので
話しを聞くことができた。
1泊34千円ということだが6人まで泊まれるそうで
それ以上は寝袋持参でも値段は一緒らしい。
人数で割ればぼったくり感は薄れて田舎が好きなら
設備の内容から十分納得できる価格になるだろう。
紹介された中国新聞がお寺にあったので撮ってきた。


それにしても良い天気だ。
標高の高い三河内地区でも家の中より外の方が暖かいので
ちらほら野良仕事をする人の姿もあった。

午後無呼吸検査器具を三次市まで返しに行ったのだが
夜中咳が出て薬を飲んだせいもあって
何度も目が覚めトイレに駆け込んだ。
朝まで通算4回ぐらい起きたので検査になったのかは
不明だが無呼吸であるのは診察しないでも自覚できている。
めんどくさい装置を付けることになるのだが
肥満が作用しているのは素人でもわかる。
今日健在のBMIは25を越えている。
帰りスーパーの肉コーナーを見ても
何の反応も起きない。
普通なら元気回復に高級肉のすき焼き
でもということになるのだが
この食欲不振はBMI正常化に大いに役立つだろう。
酒は欲しくないが目先を変えてワインを買ってきた。
これも飲めないようであればだれも遊んでくれなくなる。
体調は回復傾向にある。明日から体を動かしてALをたしなんでみる。

コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

正月恒例行事