書類の断捨離

(20200129)


先日掃除した玄米計量袋詰機は埃まみれになりながらも
ビニール袋に入った取説があった。
さっそくスキャナーで取り込みPCに保存した。
農機具や新しい機械は取説と部品票があれば
保存することにしている。
あまり役に立ったことはないが
いつでも見れるという安心感があるのは安定剤としては
よく効いている。
他の重要な書類もほとんど保存していて
本体の紙がなくなっても再現できるようにしている。
雑誌の現代農業は農繁期になっても読んではいたが
半年分が山積みになってスキャン待ちのままだ。
春になるまでにすませておく必要があるだろう。
PCは消耗品で壊れるということがあるので
バックアップは二重にしている。
画像もあるわけで僕に何かがあれば
PCを見てくれれば人生の引継ぎは済むだろう。
要らないと判断されれば小さな箱を処分すればいいことになる。
寂しい気もするが僕の整理のやりかただ。
農機具は農業を止めるとなると
整理屋さんがいるのでそれ相応の対応をしてくれるだろう。
足元を見られるのはわかっているが
処分できなくて困るよりはいいだろう。

1月に整備する機械はもう少しになった。2月の声が聞こえてくるので
早く旅に出ないと春の足音が聞こえてくる。
今年はカープの日南キャンプを見たいと思う。
昨年とは反対側の九州南端の半島までを
目指す旅になるだろう。



コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別