消耗品は限界まで使わないことにしよう

 (20211022)

籾摺りを再開した。どうも調子が悪い。

水分が多いとおかしくなるから玄米水分を計ると適正だった。

もしかしてロールかと見たら両方とも擦り減っていた。

片方ならまだ何とかなったろうが両方ギリでは調子も悪くなるはずである。

ロールは回転が違っていて覚えていないが片方が先に擦り減る。

そういえば厚く残っていた方を残し片方は新品に換えた記憶がある。

ということで両方限界まで使ったわけで

今回は両方を交換した。

再開したら機械は正直で、調子が良くなり本来の能力(20俵/hr)になった。

これ以上の能力にできると思うが体がついて行かないし

突然のトラブルに対応できないから巡航能力で止めておく。

今の籾摺り機は僕の代の中で3代(台)目で一代前は面積が少なかったから

ロールを換えた記憶はあまりない。

左から昨年限界まで使ったロール、今回換えたヤツ、右はネットで

落札したほぼ新品のもの。

このパターンで行けば来シーズン中途で片方がダメになるから

来シーズンは早めにロールを交換しよう。

コメント

このブログの人気の投稿

安価で簡単電柵

「百試千改」という言葉

ブロードキャスター修理